レッツフォト、なので♪

聖地を目指して東へ西へ。カメラを携え旅をする。さぁ、今日はどんな舞台-世界-へ旅立とう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【たまゆら】それはいつかの日のこと、なので / そしてある日のこと、なので【hitotose6話】

あらすじ
【Aパート】それはいつかの日のこと、なので
 1999年、秋。大崎下島の「歴史の見える丘公園」で自作の絵本を読んでいた麻音は、父とはぐれてしまった楓と出会う。そこにやって来たのりえとかおるがケンカをして2人とも泣き出すと、楓もつられて泣き出してしまう。その時、麻音が楓たちの涙を止めたい一心で吹いた口笛は夕暮れの空へ響き、3人を笑顔にするのだった。


【Bパート】そしてある日のこと、なので
 2009年、春。中学2年生の麻音は、学校からの帰り道、同じクラスののりえが落ち込んでいる姿を見かけて、声をかける。竹原の町を歩きながら、初めてじっくりと話し、お互いの夢についても語り合う麻音とのりえ。のりえと友達になりたいけれど、麻音は言い出せない。ところが、口笛に乗せた想いは、のりえに届き、2人は友達になった。

それはいつかの日のこと、なので
フォト  フォト
灯台


フォト  フォト
御手洗看板


フォト  フォト
歴史の見える丘公園


フォト  フォト


フォト  フォト
憩いの広場


フォト  フォト


フォト  フォト
歴史の見える丘公園


フォト  フォト


フォト  フォト


フォト  フォト


フォト  フォト


フォト  フォト


フォト  フォト


h_06_02_歴史の見える丘公園  DSC00368.jpg


フォト  フォト


06_03_歴史の見える丘公園  DSC00367.jpg


フォト  フォト


06_04_歴史の見える丘公園  DSC00374.jpg


フォト  フォト


06_05_歴史の見える丘公園  DSC00369.jpg


そしてある日のこと、なので


フォト  フォト
酒造交流館


06_06_酒造交流館  DSCN0340.jpg


06_07_酒造交流館  DSCN0342.jpg


フォト  フォト
憧憬の広場


06_02.jpg  06_02_新港橋
頼山陽広場付近


06_08_頼山陽広場  DSCN0203.jpg
頼山陽広場


フォト  DSCN0205.jpg


06_11_頼山陽広場  DSCN0206.jpg


06_12_頼山陽広場  DSCN0207.jpg


フォト  フォト
あいふる316


06_03_商店街  06_03_商店街


フォト  フォト


フォト  フォト
踏切


フォト  フォト


フォト  フォト


06_04_踏切  06_04_踏切


フォト  フォト


06_17_踏切  DSCN0228.jpg


フォト  フォト


06_05.jpg  06_05_高架橋と水門


フォト  フォト


06_18_竹原港  DSC00254.jpg
竹原港


06_07_竹原港  DSCN3871.jpg


フォト  フォト


フォト  フォト


フォト  フォト


06_09.jpg  DSCN5480.jpg
修景広場



より大きな地図で たまゆら~hitotose~ 舞台探訪MAP を表示




一部の画像を比較研究を目的に引用しています。
作品の著作権(画像を含む)は「
©2011佐藤順一・TYA / たまゆら製作委員会」に帰属します。
関連記事

| たまゆら | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cairn07aria.blog.fc2.com/tb.php/69-15732c14

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT