レッツフォト、なので♪

聖地を目指して東へ西へ。カメラを携え旅をする。さぁ、今日はどんな舞台-世界-へ旅立とう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鳴神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ

暑さのあまりエアコンのスイッチを入れました、ケアンです。
やっぱり30度を超えてくるときつくなってきますね。
さて、熊谷よりは過ごしやすいのか否か、それが問題だ。

言の葉の庭
キービジュアル

あまりに背景画が綺麗だったので観てみました。
新海監督の作品だったのね。新海作品は秒速しか観たことないのだけれど。

内容についてはあまり触れませんが、やっぱり切なかった。
でも少し希望が持てる終わり方でホッとしました。良くも悪くも、リアルに描かれているよね。
そして声だけ聴いていると、どうしても文学少女を思い出してしまう。

この作品は、何より映像と音楽による演出に魅入ってしまって、その辺りに自分は惹きこまれました。
雨は線じゃなくて粒っすよね!(ぉ
サントラも試聴してみて、改めて良さを実感したり。
雨の日の新宿御苑で巡礼したいなぁ。



耳をすませば
耳をすませば

金曜ロードショーを録画しといて視聴。かなり久々に見た感。高画質!
今見ても全然楽しめるあたり、ジブリは偉大や。。
やっぱりこの作品は、今の自分を形成してる要素の一つになってるんだなと思った。



のんのんびより
DSCN4191.jpg

頭に”ド”がつく田舎を舞台にした、コメディ作品。
秋のアニメ作品の中で、ちょっと気になってたので試しに読もうかな~と思ったら、近場の書店はどこも取り扱ってなかった罠。なんで、Amazonで一気に揃えてみた。
正直、1巻の初めは微妙かなーと思っていたけど、夏美が母親に怒られる話から面白くなってきたw と言っても、まだ3巻読んでる途中だけれど。

キャラデザも可愛いしね。
蛍と小鞠の関係が、ちょっとWORKING!!の小鳥遊、種島組とダブる。まぁアスミンで一緒というのもありそうだけれど。
小鞠もちっちゃくないよ!キャラだからなぁ。

アニメになって化けそうな気はしないけど、作風と同じくスローライフをまたーり楽しめればおk.



アニメ

徐々に追いつきつつある。
ローゼン1話の展開が早すぎて (というかダイジェスト) たまげた。銀様あんなに可愛k(ry






消されるかもしれんけど。
今のところこの2曲をヘビロテ。シンフォギア本編もはよ見ねばw



Minami Kuribayashi Live Tour 2013 “TIGHT KNOT”東京公演

セトリ
  1. move on
  2. Doubt the World
  3. 翼はPlearure Line
  4. HAPPY CRAZY BOX
  5. BELIEVE
  6. First Addiction
  7. 好きじゃなかったら…
  8. signs~朔月一夜~
  9. True 4 Eyes
  10. Rumbling hearts (ピアノ弾き語り)
  11. 君の中の英雄 (アコースティックver.)
  12. 遠い夏の日
  13. Shining☆Days
  14. Love Jump
  15. ZERO!!
  16. 冥夜花伝廊
  17. sympathizer
  18. Precious Memories
  19. TIGHT KNOT
  20. [EN-1] mind touch
  21. [EN-2] LOVE STEP
  22. [WE-3] STRAIGHT JET


複合ライブでは何度か聴く機会があったけど、単独ライブは今回が初参戦。

会場はZepp Tokyoだったので、スタンディング。ライブハウス系のスタンディングは苦手なんですが、今回は残念ながら不完全燃焼になってしまいました。
やっぱりスタンディングはスペースが狭めなので、普段のようにノレないってのが残念でした。栗の子ライブはファン層からかギュウギュウに詰めたりとかはなかったし、条件はみんな同じだからあまり言っても仕方ないんだけどね。
今回は運が悪かったということで。好きな「冥夜花伝廊」でそうだったのは、軽く凹みましたが。。


寝たら気持ち切り替えられたので、ちゃんとした感想。
栗の子は最近の作品でもタイアップ多い方なので、セトリとしては比較的優しかった印象。
と言っても、自分はそこまで栗の子詳しいわけではないので、わからない曲もちらほら。というか、TIGHT KNOTを聴いてないのがいかんのだけれど。

カップリング曲が聴けたのは地味に嬉しかった。
「First Addiction」と「好きじゃなかったら…」はすごい良かった♪ あとは「approach completion」があれば完璧やった。
「Rumbling hearts」はまさかのピアノ弾き語りで、しかも演奏ミスがあったので実質2回聴けたものねw 栗の子本人としては2回目も不本意な結果になってしまって悔やんでいたけれど。
弾き語りじゃない方も聴きたいって気持ちもあったけど、こっちはこっちで貴重だと思うのでOK。

アンコール1曲目の「mind touch」はスペースも空けてもらって、楽しくやれたので満足しました。( ^ω^)


栗の子はMCで素直な気持ちをたっぷり語ってくれたりで、その辺りも特徴的だなと思った。MC中、ちょっと足痛かったのは内緒だ。


今回の不完全燃焼ナンダロ-な気持ちは、全部奈々ライブにぶつけたいと思う。



たまゆら

アニメイトの夏アニメクリアファイル一覧にたまゆらがなくてショックを受けてる。(ぉ
hitotoseの時はあったのになぜだー!結構前から絵柄期待しとったんだがなぁ。


たまゆらの日2013」イベント情報解禁!!

たまゆらの日2013」のイベント情報が解禁。11月2日は広島県上野学園ホールにて「たまゆらの日2013音楽祭」が開催され、11月3日には「たまゆらの日2013ファイナル~もあぐれっしぶ~」の開催が決定致しました。参加方法など詳細は後日発表致します。
 
≪11月2日≫

イベント名 たまゆらの日2013 音楽祭
時間 未定
場所 上野学園ホール(〒730-0001 広島市中区白島北町19-1)
イベント内容 アーティストライブ+トークショーイベント
出演(予定) 中島愛、中島ノブユキ、marble、竹達彩奈、阿澄佳奈、儀武ゆう子、佐藤順一監督
※登壇者は予告なく変更する場合がございます。

≪11月3日≫

イベント名 たまゆらの日2013ファイナル~もあぐれっしぶ~
時間 未定
場所 照蓮寺(広島県竹原市本町3丁目13-1) ※屋外イベントとなります。
イベント内容 トークショー+アーティストライブイベント
出演(予定) 竹達彩奈、阿澄佳奈、井口裕香、儀武ゆう子、佐藤順一監督、中島愛、中島ノブユキ
※登壇者は予告なく変更する場合がございます。


たまゆらの日、初日がまさかの広島市だったw
行くなら宿取りは広島市内にせねばならんな。

BD購入は、悩んだ末アートブック目当てでAmazonさんにケテーイ。今回は値段定価だけれど。
「ファン感謝祭イベント(仮)(※2014年夏予定)」の優先購入券が付くらしいけど、かなり気が早いなw hitotoseの頃と同じやないか。

関連記事

| ライブ | 18:01 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

熊谷と秩父は37度くらいでマジ氏ねる暑さだったぜ

ローゼンはダイジェストでやるくらいなら、最初から大学生のパラレルやればいいのにね
ていうか原作のストックは足りてるの?って感じだけど

まあ薔薇水晶さんは完全にみんなの記憶から忘れ去られているだろうなw

| カステラ | 2013/07/08 20:08 | URL |

Re: タイトルなし

> カステラ

37度ワラタww 相変わらず暑いなぁ。
こっちは35度も超えてなかったから、まだマシなレベルっした。

ローゼンのダイジェストは確かに。
初見はイミフだろうし、原作読んでるならいらんだろうし。
まぁ俺はアニメ組なので、懐かしいような不思議なような複雑な気持ちやったw
ばらしーは完全に雪華綺晶に取って代わられてるもんね。まぁあっちが本家だからしゃーない。
というか、巻かなかった方は全然知らんのだけど、他のドールはちゃんと登場するのかしら。

| ケアン | 2013/07/08 21:56 | URL |

や、今までコメント控えててごめんねー。
ちゃんと読まさせては貰ってたんだけどもー。日記とかの気持の整理は着いたので今後は復活するからw

言の葉の庭見たのねー。少し前に糸色さんと一緒に梅雨時に見に行ったなー。
映像としてはアニメーションで文学的な作品の良さを使ってるのが個人的に凄くツボだった。あの空気感というか台詞の間とか。
物語的には、梅雨ってのを使った季節と、雨が降ったらというのを組み合わせた短い期間でしかない梅雨を使った状況の推移と、子どもから大人への視点、大人になってしまったが故の子どもの頃との対比っていうのが凄くリアルで良かったと思う。ああいうの久々にアニメで見たから嬉しくて嬉しくてw
また、安易にああいう作品だからこそ、再会で終わらせずいずれ的なのを含ませたのもまた良かったなぁ。

のんのんびよりは大分前に人から布教されてたから真逆アニメ化するとは思わず驚いたなwしかもあすみんも出るとか運命を感じるわ(ぇ
5まで出てたのかー。途中までしか持ってないし、買い揃えとこう。
夏アニメはとりま大体見たい奴は1話は見たかなー。Vitalizationがカラオケで自前で歌ったら疲れるけど楽しすぎて困るw不死鳥のフランメ、アニサマ提供入ってるし、やりそうなのが少ない楽しみの一つw

栗の子は俺今回だけじゃないから気使って譲ってあげれば良かったね(>_<)どうもライブ中がっつり最近集中しちゃってファンとして頑張りすぎてそこまで見えてなかったわ…。俺は割とスペース何とかしてたからなぁ…。
TIGHT KNOT聞いてなかったなら言ってくれれば送ったのにー。とはいえ、新曲そこまでないからまだ大丈夫だったろうけど~。c/wはもうちょい欲しかったねー。aprroachインストアでしか歌ってないんだぜorz。俺もあれは落ちたからまだ聞けてないから聞きたかったわー。
好きじゃなかったら…は栗の子の得意分野だけあって凄くいいよねー。初聞きの時何か泣けたわ。
あのMCがいいんだよねー。何か常に感謝を忘れないというか歌に対して凄く誠実なとこがやっぱり好きだな。シンガーソングライターならではなんだろうけども。

今年はたまゆらの日行けるといいなぁ…。前回は栗の子10周年ライブ後の握手会とかあったせいでやむなく断念したのを思い出す…。

| 蒼月 | 2013/07/10 00:25 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

> 蒼月
コメントどもー。
いやー、コメントの件はあんまり気にせんでも。ブログに移行してからコメントの有無はあまり気にならなくなったので。
もちろん、してもらえるのは嬉しいけどね!
蒼月もブログに移行するのかな?と思ったけど、mixiに落ち着いたみたいね。たまにチェックしにいきまっ。

言の葉の庭はBD出たのを知ったので観てみた。
梅雨の頃っていうと映画館かな?香菜ちゃん出てるし、確かに糸色さんも好きそうな作品だ。
45分という短い尺なのに、綺麗に一本のストーリーになってたよね。
演出いろいろ含めて、視聴者が物語に惹きこまれちゃうんだよなぁ。
この歳になって思うけど、27歳って言ってもそこまで大人にはなりきれてない、15歳の頃に思い描いてた”大人”ってのは違うなって。
ラストは別れたまま終わりなだけじゃなくて、その後を想像できるようなので良かったよ。切ない系は観ててやっぱ悲しいもの。

のんのんびより、まさかのチェック済みとはw
あすみんはちっちゃい系女の子に定評があるな。
5巻もだいぶ前に出たみたいだけどね。秋に新刊らしいから、アニメ化に合わせるみたい。
夏アニメは、地上波で1話終わったのだけは見切った感。
視聴継続は前から予想してたのと大体変わらなかったわ。期待度はだいぶ変動したがw
蒼月の視聴作品も気になるところだ。
Vitalizationははよライブで聴きたいね!
不死鳥のフランメは、どうしても逆光のフリューゲルと比べちゃうところがあるけど。。シンフォギアにはこれからも楽曲提供の方面で頑張っていただきたい。
アニサマでやるといいねw

栗の子は今回は残念だったけど、またどこかで聴く機会あったらリベンジしますよ。
TIGHT KNOTってアルバムが出てことをライブ後に知ったくらいだからなw ライブタイトル見てなかったし。カラオケ行かなくなってから、めっきり曲チェックとかしてないので。。
うん、ちゃんと知ってれば聴いてたのにね。アルバム曲以外は大体わかって良かった。
aprroachインストアだけだったのかー。カップリングだとあまり歌い機会なさそうだなぁ、一回は聴きたいけれど。
MC聞くといろいろ考えてるんだなってことがよく伝わってくる。やっぱ長年ファンに愛されてるアーティストは違う。

たまゆらの日は、他イベントを全て切る勢いなら行けるだろうw
俺はイベント前後にちゃんと休みを取れるのかだけが心配や。

| ケアン | 2013/07/10 20:52 | URL |

お久です~、長らく来れなくて申し訳ないorz
mixiも更新側に回れなくてなかなか歯がゆい今日この頃であります、でも繋がり続ける気持ちは大切にせねばと言い聞かせw by 有沢さん

言の葉の庭観られたんですな!自分も蒼月さんと劇場で観てきたけどあの時も雨が凄かった…(しみじみw
「映像文学」の名に恥じない素晴らしい出来栄えでしたね、匂い立つような映像演出然り純文学系のストーリー然り。雨と緑、庭園の描き込みはもう芸術の領域w
「雨が第三の登場人物」って言われてるだけあってタカオとユキノの心情推移を雨というバロメータで巧く表現してたと思いますわ…二人の心情と空が一気に晴れ渡る最後の演出が好き♪

「上手く歩けなくなっちゃったの」

人生の歩み方に悩み苦しむユキノを後押しする比喩としての靴、自分の世界に閉じこもっていて他の世界をまだ知らない象徴としての傘、さりげなく考察の余地ある演出を随所に入れてくるのもまた魅力というか。
短い尺の中にも文学・芸術的要素の沢山詰まった良い作品を観せてもらったと思います、今後もこういった作品に出会えますよう。
香菜ちゃんで古典・文学というと、文学少女を彷彿とさせるのは御愛嬌w 個人的にもユキノは嵌り役でした(ぁw

たまゆらの日は広島行かれるんですな!
一ヶ月前行ったのは京都だけど、やっぱり巡礼って良いなと思えた瞬間であるw

| 糸色 | 2013/07/13 18:56 | URL |

Re: タイトルなし

> 糸色さん
どうもー。お久です。
ひだまりは自分たちに大切な何かを教えてくれたな。(ぇ
いえいえ。自分もめっきりmixi巡回などしていない状況なので、マイミクさん達の動向を把握してないんですが、糸色さんはまだ忙しい状況が続いているのかな?
無理だけはしないよう、ほどほどに趣味の時間を作って息抜きしてくだせぇ。

糸色さんたちは劇場で観に行ったらしいね。雨の日に行くとは…狙ったんですかw?
小説にある文章を素直に映像化すると、きっとあの作品のようになるんでしょうね。
ああいうのを見ると、これぞ日本が世界に誇る文化だなって思えまする。
天気の移り変わりによる緑の変化とか、何よりあのオムライスが美味しそうで美味しそうでw
あれは映画観た後、食べて帰りたくなるレベルかと。
最後の本音をぶつけあうシーンは、そういった演出も相まって一層グッと惹きこまれる感じでした。

いやー、語りますねぇw
自分は糸色さんのように解釈や意味というか、ただただ魅せられていたって感想しかないのがお恥ずかしい。
言の葉の庭を観た後は、ちょっと文学少女まで観直してみたくなる不思議。
あのキャスティングは狙ってやったものなのか、はたまた作風に合うのはああいうキャスティングだという暗黙の了解なのか。

広島行きたい気持ちは万全なんですが、後は仕事との兼ね合いですかねw 休みが何とか取れれば…!
京都もなんだかんだ行きたいって言ってはや数年。有頂天家族も今期の中で気に入ってる作品なので、ARIA巡礼と兼ねて周りたいなぁ。
糸色さんの巡礼写真にも触発されましたw

| ケアン | 2013/07/21 13:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cairn07aria.blog.fc2.com/tb.php/705-dc2ff128

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT