レッツフォト、なので♪

聖地を目指して東へ西へ。カメラを携え旅をする。さぁ、今日はどんな舞台-世界-へ旅立とう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ARIA】お天気雨【京都】

2~3年前からずっと行きたかった京都。念願叶ってようやく訪れることができました。
そして、京都に来たからには行かねばならないであろう、ARIAの聖地「伏見稲荷」。そう、ここに来たかったんですよ。
ヴェネツィアには未だ行けてないまでも、やはり日本の舞台は巡っておきたいよね!

ARIA 1巻「お天気雨」の舞台探訪です。
作中では日本の文化村(島)として描かれている伏見稲荷大社となります。
残念ながら”お天気雨”が降ることはなく…。

ARIA The NATURAL

第5話「その 雨の日の素敵は…」

05_01_狛犬 c01_狛犬

DSCN7135.jpg
伏見稲荷のお狐さま。…ずっと狛犬!狛犬!言ってましたが、犬じゃなくて狐ですよね、失礼。
大社前のお狐さまが想像以上に大きくて驚きました。うか様がいたのもある意味驚きですがw


05_02_狛犬 DSCN7136.jpg
凛々しい顔立ち。


05_03_鳥居 DSCN7142.jpg
この辺りはイメージで。
鳥居の連なりのスタート地点。柱がめちゃ太い。


05_07_熊鷹社 c05_熊鷹社

DSC01008.jpg
後光がさしておられる…。(違
場所合ってるかわかりませんが、熊鷹社より。


05_08_二股鳥居 c03_二股鳥居

DSCN7144.jpg
これが見たかったんよ!実際に目の当たりにすると、やっぱり感動しますね。
人通りもそれほど多くなく、人がいないタイミングも狙えました。それにしても、見事な”赤”です。
灯里『世界中が赤い魔法にかかったみたい』

千本鳥居っていいますが、実際に数えると本当に千本あるのか。私、気になります。


05_09_伏見稲荷01 DSCN7132.jpg


05_10_熊鷹社 c09_熊鷹社

DSCN7154.jpg
これもどの辺りかわからなかったので、とりあえず熊鷹社より少し下ったところを。
うーん、調査不足。
小さい鳥居ってのも、なんだか可愛らしい。


05_12_狛犬 DSCN7137.jpg
凛々しいお姿再び。


最終回ED_鳥居 DSCN7139.jpg
NATURAL最終回のEDにも、ちょっとだけ登場。
鳥居の入口から撮ってみました。


ARIA 1巻

「お天気雨」
c00_貴船神社本宮の南側にある二の鳥居をくぐった先の南参道 DSCN7108.jpg
扉絵は伏見稲荷ではなく、貴船神社。
幻想的です。これぞ「日本」、これぞ「和」っていう気持ちにしてくれます。


c02_鳥居 DSCN7145.jpg   
お気に入りの一枚。
ただ、これを帰り道に見たときのガッカリ感がひどい。あの柱の文字はなんやの。


c06_熊鷹社 DSC00987.jpg


c07_熊鷹社 DSC01009.jpg


c08_熊鷹社 DSCN7148.jpg


c10_熊鷹社 DSCN7157.jpg


c11_熊鷹社 DSCN7149.jpg


c12_狛犬 DSCN7138.jpg


以上。
幻想的な雰囲気になれる素敵な場所、伏見稲荷でした。
今回は他の探訪ついでに寄ってみた形になってしまったので、足早に巡りました。
ここは朝方に訪れるのがベストですね。昼ごろはものすごい人だったので。

次に京都を訪れる際は、もう少しゆっくりと見て回ろうと思います。
稲荷山も登ってみたいしね!



より大きな地図で ARIA 舞台探訪MAP を表示




一部の画像を比較研究を目的に引用しています。
作品の著作権(画像を含む)は「
©Kozue Amano 2002」に帰属します。

| ARIA | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cairn07aria.blog.fc2.com/tb.php/818-23582598

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT