レッツフォト、なので♪

聖地を目指して東へ西へ。カメラを携え旅をする。さぁ、今日はどんな舞台-世界-へ旅立とう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ひだまりスケッチ】北海道って本当にでっかいどーなんだなぁ…【ハニカム】

ひだまりスケッチ×ハニカム1, 2話で3年生が修学旅行で訪れた北海道。
満を持して行ってきました、でっかいどーっ。二泊三日で作中と同じルートを巡ってきました。
旅行中のあれこれを振り返りながら、舞台を紹介していこうと思います。

9月21日、旅行当日の朝。
いつもより少し早起きして、まず向かうのは羽田空港。
羽田空港自体は巡礼で何度か訪れたことはあったけれど、実は飛行機に乗るのは今回が初めてっ。
国内線の出発ロビーでがんさん、糸色さんと待ち合わせをしていざ出発!
搭乗口までの距離に驚いたり、金属探知機のゲートを少しドキドキしながらくぐったり。

羽田の滑走路では、飛行機が列をなしていて飛行機の渋滞状態。
ノロノロと滑走路を移動するなぁ~と思っていたら、一気に加速して気付いたら離陸。ほぇ~。
徐々に空が近づいていき、あっという間に雲の上へ。雲より高い場所っていうのは山に登ると見ることのできる光景だけれど、飛行機からの眺めはまた違ったよさ。雲海は何度見ても綺麗なもんだ。
空の旅は一時間もせずに終わり、無事に北海道の地を踏むことができた。
というか、ウチから羽田空港まで電車に乗ってる時間の方が長いってなんなのw 飛行機ぱないの!

新千歳空港に到着後は、薄子さんの新千歳空港カットを探すも空振り状態。出だしから不安要素なのじゃ。
空港からレンタカー店までの送迎バスに乗り、レンタカーを借りてまず向かうは小樽へ。
北海道は本州とスケールが違いすぎて距離感が狂うのだけど、小樽までは約1時間ほど。
道中、突然雨に降られたりと何やら不安な気配。いったい何のフラグやら…。そういえば、前に三人で滋賀に行ったときも突然雪が降ってきたりと前科がが。

右手に石狩湾が見えてくると、もうすぐ小樽!
町中に着くとさすが観光地。車が多くて中々進まんでござる。少しはなれた場所に車を駐めて、いざ巡礼じゃ。


『5月16日~5月18日、どこでもでっかいどー』
01_03_旧日本郵船 DSC01244.jpg
旧日本郵船
作中の順に紹介していくので、時系列はばらばらです。ご容赦。
この写真は小樽で最後に撮ったもの。撮影場所がどこなのかわからず、しばらく彷徨ってた記憶が。


01_04_小樽運河 DSC01234_20151011103542a27.jpg
小樽運河
観光客がわんさかいた小樽運河。この時は気持ちの良い青空が広がっていたんじゃ…。
日本の観光地を巡っていると、観光客の3分の1くらいが外国人なんじゃないかという錯覚に陥る。
赤レンガの周りはおしゃれな建物が多くて、「和」より「洋」の印象が強い。


01_05_ウイングベイ小樽 DSC01231.jpg
ウイングベイ小樽
あの観覧車、飾りじゃないですかーっ。
アウトレットモールになっているようで。


01_06_ルタオ本店 DSC01241.jpg
ルタオ本店
現地では写真だけ撮ってスルーしてしまったのだけれど、ここルタオはチーズケーキが有名な洋菓子店とのこと。
チーズケーキ…食べたかった…。


01_07_小樽オルゴール堂 DSC01240.jpg
小樽オルゴール堂


01_09_ラベンダーソフト DSC01239.jpg
ラベンダーソフト
ヒロさんが色んな意味で食いついたお店。

DSC01238.jpg
もちろん私たちもラベンダーソフトクリームをいただく。
他にも夕張ソフトクリームなんてのもあったり。


01_11_小樽大正硝子館本店 DSC01237.jpg
大正硝子館
雨宿りでお世話になったお店。(ぇ ゲリラ豪雨に晒された中、ここでビニール傘(216円!!)を購入して事なきを得た。ありがたい。
2階に『ヴェネツィアンガラス』の展示があるということでテンションアップ。
店内も作中通り、色とりどりのガラス製品が並んでいて幻想的だった。

01_12_小樽大正硝子館本店



01_13_六花亭小樽運河店 DSC01242.jpg
六花亭小樽運河店


01_14_おたる瑠璃工房 DSC01243.jpg
おたる瑠璃工房


01_15_火の見櫓 DSC01236.jpg
火の見櫓
小樽を一通り巡った後、15時頃に遅い昼食をと思い海鮮丼を求めて彷徨う。
しかし、やっと見つけたお店で知らされたのは「まぐろ品切れ」という衝撃の事実。どういうことやねんとっ。
仕方なくサーモン丼をいただく。北海道まで来てサーモンとは…。味は普通だし、ご飯は多いしでちょっと涙。


01_28_登別グランドホテル DSC01247.jpg
登別グランドホテル
そんな意気消沈した我らを出迎えてくれたのが、ここ登別グランドホテル。
作中でみんなが泊まった場所。

DSC01245.jpg
なんというか、ビジネスホテル民としてはこう立派な部屋を用意されるとむず痒いというか…。
溢れ出る高級感!これぞTHE・旅館!布団まで敷いてくれて、もう至れり尽くせりですよ!(謎の感動
部屋もひだまりで出てきたまんまで感動もひとしお。

登別温泉で旅の疲れを癒やした後は、お楽しみ夕食タイム。
バイキング形式だったのだけれど、想像してたのより豪華過ぎてここでも驚き。寿司が出てくるなんてね、しかもその場で握ってくれるやつ!
昼の無念が吹っ飛ぶ美味しさ。
アイスとししゃもの組み合わせは至高…(ぉ

食後は気付いたらオフトゥーンの誘惑に囚われていた…。



『5月18日~19日、上からゆのさま』

北海道旅行2日目。
朝風呂、もとい朝温泉で目を覚まし、ホテル周辺を少しばかり散策。…なんだこの贅沢な時間。夢か…!
朝食もがっつりいただき、まずはクマ牧場と地獄谷巡り。
その辺りは薄子さんの巡礼記に書いたので省略なり。

DSC01246.jpg
鬼に別れを告げ、次の目的地へ。きっとこの時の車内はさぞ硫黄臭かったろうな(遠い目


02_01_かに御殿 DSC01283.jpg
かに御殿
熊でけーっ!!北海道にきてから、いろいろとスケール感の違いに驚かされてばかりだ。
ここで昼食にする予定が、あまりに早く着きすぎたため華麗にスルー。(ぉ

DSC01282.jpg
強い。(確信


02_02_洞爺湖 DSC01286.jpg
洞爺湖
続いて訪れたのは洞爺湖。
洞爺湖といえば『天体のメソッド』の舞台としても記憶に新しいところ。ひだまりでもちゃっかり出ていたのだ。
残念ながら円盤は見当たらず。ノエルー。


02_03_洞爺湖 DSC01285.jpg


02_04_洞爺湖 DSC01288.jpg


02_05_洞爺湖 DSC01284.jpg
面白いオブジェがたくさんあるけれど、この辺りはなんぞや。
がんさんが天メソの公式アプリ (そらメソカメラ) を持っていたため、せっかくなので各キャラクターのポイントを回ることに。洞爺湖一周!まぁ中島は行ってませんがね!
汐音開放が一番大変やったね…


DSC01289_20151011195352085.jpg
乃々香開放ポイント。素晴らしい景色だけれど、このポイント有料です。乃々香、恐ろしい子…。


DSC01291.jpg DSC01293.jpg
天メソはガチで巡ると一日で終わらないので、今回は本当に簡単に巡っただけ。
洞爺湖の魅力は、まだまだこんなものではないはずっ。


洞爺湖の後は、一気に函館まで移動。
夜景を見ていたらレンタカー返却が20時ギリギリになってしまったり、そもそもガソリンスタンド20時まで営業してるのが一店舗しかなかったり。これが…函館…!?
案の定、食事処も閉まるのが早く、駅前でまだ開いていたラーメン屋へ。
Zラーメン (魚介醤油) をいただく。それにしてもこのネーミング、どこぞのアニキが飛び出してきそうやで。
函館で宿泊したのは泊まりなれた感じのビジネスホテル。
Eテレで一挙放送していたデスノートが気になって眠れなくなるも、気づけば暗闇の中へ…。削除ッ!


02_12_函館駅 DSC01298.jpg
函館駅
北海道旅行三日目。最終日。
この日は飛行機の時間まで函館を見て回るプラン。飛行機はほぼ最終便であるため、時間たっぷりのまったりコース。

函館駅前にあるこのブリッジしてる赤い像。いったいどんな由来で作られたのか。
27年度末には東京から函館までの新幹線が開通し、乗り換えなしで来られるようになるとのこと。東京からだと何時間かかるのかしら。


02_13_ザ・グラススタジオイン函館 DSC01299.jpg
ザ・グラススタジオイン函館


02_15_八幡坂通 DSC01306.jpg
八幡坂通
函館にきて驚いたのが、路面電車が走っていたこと。
意外と路面電車が通っているところって多いですな。
ここ八幡坂は撮影スポットとしても有名。


02_16_五稜郭 DSC01322.jpg
五稜郭
函館といえば有名なのが函館山からの夜景と、ここ五稜郭。
想像と違って町のど真ん中にあったので驚き。


02_17_五稜郭 DSC01323.jpg
おぉ~。見事な五芒星。
春になると桜が満開になるらしく、ピンクに染まったこの五芒星も見てみたいな。


02_19_五稜郭 DSC01328.jpg


02_21_五稜郭 DSC01329.jpg
ヒロさん安定の体重ネタ。


02_22_五稜郭 DSC01327.jpg
底がガラス張りになっているっていうのは面白いね。背筋が寒くなる。
確かにヒロさんがのったら(ry


02_25_五稜郭 DSC01326.jpg
新撰組 副長。土方歳三。
歴史に疎い私は、土方歳三と函館にどんな関係があるのかな?と疑問に思いましたが、調べてみるとなるほどと納得。
気になる方は是非、グーグル先生に聞いてみてください。(笑)


02_26_割烹旅館 若松 DSC01332.jpg
割烹旅館 若松


02_29_金森赤レンガ倉庫 DSC01301.jpg
金森赤レンガ倉庫
ここで買ったプリンちゅうが甘くて美味しかった。マヨネーズの容器を小さくしたような形で、ミルク味とカスタード味の二種類が選べる。


DSC01302.jpg DSC01320.jpg
食事と言えば、昼食には函館のご当地バーガー店『ラッキーピエロ』でチャイニーズチキンバーガーをいただいた。
ビッグなチキンとたっぷりマヨネーズ、サイドメニューのポテトもボリューミィ…。お、重い。。
右の写真はガラナの自販機。ガラナって初めて飲んだのだけれど、コーラのようなドクペのような、そんな味。北海道では結構メジャーみたい。
北海道グルメ、知らないことばかりで奥が深い。
ラッキーピエロの打撃により、しばしの休息タイムを余儀なくされる。


02_30_旧函館区公会堂 DSC01307.jpg
旧函館区公会堂
コスプレOKだよ!大人から子どもまで、ドレスを着た華やかな女性が写真撮影などを楽しむ。そんな空間。


DSC01311.jpg DSC01310.jpg
こういう洋風な建物はなんか好き。憧れというか、なんとも言いがたい気持ちにさせられる。レッツパーリィ!!


DSC01316.jpg DSC01319.jpg

DSC01317.jpg DSC01318.jpg
ハリストス正教会、カトリック元町教会、聖ヨハネ教会。
函館は洋館・教会と西洋の建築を見て回るのも楽しみ一つ。ちょっとした外国気分が味わえる♪


02_31_函館山展望台 DSC01295.jpg
函館山展望台
最後を締めくくるのは、日本三大夜景の一つ函館山から見る100万ドルの夜景。
駐車場やロープウェイで待ちに待った後のこの夜景。これは万人が見ても感動間違いなし!
ホント、天候にも恵まれてよかったよかった。



函館を満喫した後は、函館空港でお土産を吟味して、夕食を食べて。。

DSC01333.jpg  01_17_オムライス
最後にこのネタも回収。空港で食べたオムライスだけれどもw



初めて訪れた北海道。魅力たっぷりの北海道。やっと叶った北海道旅行。
小樽、登別、洞爺湖、函館と結構巡った気になっているけれど、まだまだ北海道こんなもんじゃないと…。

02_36_201408101059438bc.jpg


02_37_でっかいどう

『北海道って本当にでっかいどーなんだなぁ…』

この台詞に共感を禁じ得ない。
でっかいどーを制覇するためにも、また次の機会に遊びに行きたいと思いますっ。
あぁ…飛行機旅行にも目覚めそうや…。




一部の画像を比較研究を目的に引用しています。
作品の著作権(画像を含む)は「©蒼樹うめ・芳文社/ひだまり荘管理組合
」に帰属します。

| ひだまりスケッチ | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cairn07aria.blog.fc2.com/tb.php/877-d83ab7ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT