レッツフォト、なので♪

聖地を目指して東へ西へ。カメラを携え旅をする。さぁ、今日はどんな舞台-世界-へ旅立とう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【たまゆら】一日だけの修学旅行、なので【もあぐれっしぶ8.5話】

あらすじ
 9月、楓たちは沖縄に修学旅行にやってきました。みんなでお土産物を見て盛り上がっている中、いつもより1つだけ足りないものがありました。それは、麻音が体調を崩して修学旅行に参加できなかったこと。 修学旅行から帰ってきて、楓たちは麻音のお見舞いにやってきました。留守番も楽しかったと気丈に振る舞う麻音でしたが、のりえは、麻音の修学旅行の想い出を描くためのスケッチブックを見つけてしまうのでした。そんな時、楓が1つの提案をします。それは、もう1度みんなで修学旅行にいくことでした。

一日だけの修学旅行、なので』
o_11_竹原駅 DSCN0173.jpg
竹原駅
沖縄での修学旅行。体調を崩して参加することのできなかった麻音と一緒に、もう一度修学旅行に行きたい。
そこでぽってたちは、二度目の修学旅行と称して尾道へ向かうことに。


o_12_竹原駅 DSCN0174.jpg
ぽって、かおる、のりえ、麻音に加えて、かなえ先輩も同行。
旅のしおりも作って、楽しい修学旅行に出発ですっ。


o_13_竹原駅 DSCN0175.jpg


o_14_千光寺 DSCN0107.jpg
千光寺
ぽってとかなえの二人で作った旅のしおり。
前回はるみさん、志保美さんと訪れた時 (6話) の写真を使っていて、本格的なものに!


o_16_竹原駅 DSCN0176.jpg
竹原駅
麻音だけでなく、かなえにとっても大切な思い出となる今回の修学旅行in尾道。
本編8話と9話で、かなえの皆への態度が親しげに変わっていたのも、今回の話があったからなんですね。


o_17_竹原駅 DSCN0177.jpg


o_18_尾道駅 DSCN0067.jpg
尾道駅
右上に見えているのは尾道城。
城といっても外観だけで、実際は博物館になっています。


o_19_尾道駅 DSCN0068.jpg
制服だと修学旅行生って感じが出ますね。


o_20_尾道駅 DSCN0072.jpg


o_21_尾道駅 DSCN0069.jpg
写メをちひろちゃん、トモちゃんへ送信~。
トモちゃん「人気が出たらパート3、パート4とか行くのかな?そしたらどこ行くのかな?海外とかもいいよねポルトガルッ!!」


o_28_向島行渡船 DSCN0162.jpg
向島行渡船
本日の宿、B$B海風に荷物を置き、渡し船にのって尾道散策へ。


o_29_林芙美子記念像 DSCN0091.jpg
林芙美子記念像
『海が見えた。海が見える。五年振りに見る尾道の海はなつかしい
本編ではるみさんが語っていた林芙美子の放浪記の一節。


o_30_築姫稲荷 DSCN0095.jpg
築姫稲荷
路地を入っていくとひっそりと佇む3つの祠。
素晴らしい再現度の高さ。これはテンション上がります。


o_31_天狗寿司付近 DSCN0092.jpg
天狗寿司付近


o_32_足型オブジェ DSCN0101.jpg
足形オブジェ
この足形は、尾道のいくつかの場所で見ることができます。
尾道を訪れた著名人の足形を備前焼で制作したものとのこと。


o_33_おのみち映画資料館 DSCN0098.jpg
おのみち映画資料館
映画資料館のシンボルとなっている映写機。確かになんだか面白い形をしていますね。
尾道はアニメの舞台だけでなく、様々な映画のロケ地としても有名です。
まさに画になる町なのでしょう。


o_34_東第一踏切前 DSCN0088.jpg
東第一踏切前
THE・尾道という感じの一枚。


o_36_尾道ラーメン DSCN0151.jpg
尾道ラーメン
醤油ベースのラーメンが好きなので、尾道ラーメンは結構ハマりました。
尾道ラーメンとコラボした”たまゆらーめん”も美味しかったなぁ。


o_38_東第一踏切前 DSCN0090.jpg
東第一踏切前


o_39_東第一踏切前 DSCN0089.jpg


o_40_広島銀行 尾道支店前 DSCN0094.jpg
広島銀行 尾道支店前
こうして本編通りに振り返ってみると、出てくるシーンと実際の場所がとびとびですな。


o_41_千光寺 DSCN0120.jpg
千光寺
千光寺からの眺め。ここからの眺めは尾道を訪れたら必ず一度は見ていきます。
向島をはじめとした瀬戸内海の島々、尾道を一望できるベストスポット!


o_42_千光寺 DSCN0109.jpg


o_43_千光寺 DSCN0111.jpg


o_44_千光寺 DSCN0119.jpg
ぽって「この奥の鎖山っていうのに、鎖を使って登れるの。」
かなえ「よしっ皆で登るぞー!」

かなえ先輩あぐれっしぶ。


o_45_石槌山鎖修行 DSCN0145.jpg
石槌山鎖修行
再び登場するとは思ってませんでした、鎖山。


o_46_石槌山鎖修行 DSCN0121.jpg


o_47_石槌山鎖修行 DSCN0123.jpg


o_48_石槌山鎖修行 DSCN0122.jpg
かおる「珍しいな。自ら茨の道をゆくか。」
のりえ「いいのいいの。どっぷり疲れたほうが、ご飯も美味しくなるっつー計算のもとですことよ。」
かおる「…生きてればな。」



o_50_石槌山鎖修行 DSCN0124.jpg


o_52_石槌山鎖修行 DSCN0125.jpg


o_53_石槌山鎖修行 DSCN0126.jpg
アニメだとかなり辛そうに見えますが、実際は結構すんなりと登れるはずです…w
素手だと若干手に鉄のにおいがつきますが。


o_54_石槌山鎖修行 DSCN0127.jpg


o_56_石槌山鎖修行 DSCN0128.jpg


o_57_石槌山鎖修行 DSCN0129.jpg


o_60_石槌山鎖修行 DSCN0130.jpg
千光寺からよりもいい眺め。
人も少ないので、ゆったりと眺めるには最高ですねっ。


o_61_石槌山鎖修行 DSCN0131.jpg
修学旅行の思い出をたくさん書きためたスケッチブック。
気づけばそれも最後の1枚に。それだけ、楽しいことがたくさんあったことの証。


o_63_向島行渡船 DSCN0159.jpg
向島行渡船


o_65_石槌山鎖修行 DSCN0132.jpg
石槌山鎖修行


o_67_石槌山鎖修行 DSCN0133.jpg
友達のために涙をながすことができる。
普段はハイテンションで場を明るくしてくれるのりえだけど、その実誰よりも周りのことを考えて、その気持ちを汲み取ることのできる子なんですね。嬉しい気持ちも、悲しい気持ちも全部共有できる。友達の大切さを実感できるお話です。


o_70_石槌山鎖修行 DSCN0135.jpg


o_71_千光寺 DSCN0112.jpg
千光寺


o_72_栗原温泉 DSCN0076.jpg
栗原温泉


o_73_歩道橋から渡船 DSCN0074.jpg
歩道橋から渡船


o_75_B&B海風 DSCN0161.jpg
B$B潮風


o_78.jpg

DSCN0142.jpg DSCN0143.jpg
千光寺公園展望台
麻音ちゃんにとって寂しい思い出だった白いページを、
のりえちゃんの想いが幸せ色に塗り替えて。
私や、かおるちゃん、かなえ先輩、みんなの心のページまで暖かな色に染めてくれた。
まるで、魔法みたいなので。

この先まだまだ続く、私たちの新しいページも
このみんなが一緒ならきっと楽しいことでいっぱいになる。
とっても、楽しみなので♪



o_80_竹原駅 DSCN0178.jpg
竹原駅


o_81_竹原駅 DSCN0179.jpg







一部の画像を比較研究を目的に引用しています。
作品の著作権(画像を含む)は「
©2013佐藤順一・TYA / たまゆら製作委員会」に帰属します。
関連記事

| たまゆら | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cairn07aria.blog.fc2.com/tb.php/897-284af71e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。